女性が生きる職業、薬剤師

薬の専門家が薬剤師

sample1
薬剤師について、わたしが感じた内容をお話します。
薬剤師は病院などの中で薬に関してプロフェッショナルです。
ですから、医師や看護師は、薬に関して不明なときは、すぐに薬剤師に問合せを行い、教えてもらっていました。
その際は、薬剤師はすぐに調べて、教えてくれるのです。
このように、薬剤師は病院の薬に関して何でも知っているスタッフなのです。
そのため、患者さんが薬を飲めない時や、患者さんから薬について問合せがあったときなども、薬剤師似相談しています。
すると、薬剤師は患者さんのところにすぐに出向いてくれて、薬に関して指導や説明をしてくれます。
患者さんの薬剤師のわかりやすい説明に、とても満足しているのです。患者さんにとっても、心強い存在なのです。

OTCのリスク区分と薬剤師

一方で、目薬・風邪薬・軽いけがの薬など、医師の処方がなくても販売できる薬はOTCと呼ばれています。
OTCは医師の処方する医療用医薬品よりも効き目が穏やかで、副作用が生じにくいことから、薬剤師等の説明を受けた上で患者自身が選択し服用することができます。
セルフメディケアの時代にあってその重要性は増すばかりです。
薬剤師の活躍の場はいまも広がっていると言えます。

ただしOTCを選ぶ際に確認してほしいのが、副作用のリスク区分です。
OTCはリスクの程度に応じて、第1類から第3類までリスク区分がされており、数字が高いほどリスクが高いとされています。
第1類のOTCは薬剤師の情報提供を必ず受けなければならない、第1類・第2類のOTCは新規服用者向けの通信販売が原則できない(2012年5月末現在。
改定の可能性あり)など、服用者の安全を守るための規定が設けられていますので注意が必要です。